40歳からの私のチャレンジーアメリカニューメキシコ生活

アメリカ人の夫と国際結婚。1児の母です。

まずはじめにしたこと

2021年7月に転勤の話が出て、まずはじめにしたこと。

 

『その話、100%なの?』

 

と夫の会社に確認を取ること。

というのも、元々、結婚を急いだ理由でもある6年前の夫のアメリカへの帰国の話。

グリーンカード取得の為に、ありとあらゆる書類を揃え、弁護士も雇い、

お金も払い(弁護士代だけで40万円、申請のあれこれで計60万円くらい)、

仕事も辞めて、あと少し!(トータル1年かかった)というところでキャンセルに

なった過去があるので、

100%確実な話でなければ、動きたくなかったから。

 

夫が上司や会社と確認を進めて、

9月中旬に正式なオファーの確約が取れました。

 

確約が取れて、次にしたのは私の仕事(退職)の予定を立てること。

スタートアップの会社で働いているので、仕事の人員もギリギリ

仕事のカバー範囲も広く、引継ぎや体制変更に時間がかかると思ったからです。

 

9月に上司に退職の意思を伝え、いったん、12月末を退職日に設定し、

後任者の採用活動と仕事の棚卸しをスタートさせました。

 

同時進行で、夫の会社(受け入れ側のアメリカ支社)と夫が連絡をとり、

ビザについての相談。

日本人夫が転勤(Workビザ)でそれに帯同する場合は、帯同者ビザで行くのが一般的だと思いますが、我が家は夫はアメリカ人。

どんな選択肢があるのか、全く想像もつきませんでした。

結論、夫と娘はアメリカ市民権があるので全く問題なし。

私だけ、グリーンカードを取得しなければならない。(それしか選択肢がない)

 

「ひえー!あのプロセスをもう1回やるのか?!」

と愕然としたのですが、
とりあえず、今回は会社指示で日本から出向という形での赴任なので、

弁護士の手配も会社がしてくれる、お金も会社が出してくれるということなので、

少し気が楽になりました。
(とはいえ5年前に自分たちで支払ってるからプラマイゼロなんだけど)

 

仕事の退職について、

グリーンカードについては、また別トピックでじっくり書きたいと思います。

 

仕事を辞めると正式に会社に申し出たこと、

私がグリーンカードを取らなければならないとわかったこと、

ココから移住への第一歩がスタートしました。