40歳からの私のチャレンジーアメリカニューメキシコ生活

アメリカ人の夫と国際結婚。1児の母です。

車検なし!?

ニューメキシコの運転免許を取得して、しばらく経ちました。

ご存じのようにアメリカは車社会なので、

車を運転しないとどこにも出かけられません。

私も、毎日、車に乗っているので

リオランチョ市内は問題なく運転できるようになってきました。

 

アメリカでの運転、日本と違いすぎて驚くことがたくさんあります。

基本的に、車の運転席逆だし、車線も逆なので、そこもいろいろ違う点ですが、

信号が赤でも車が来なければ右折ができるとかルールもちょいちょい違います。

 

ただ、本当に驚くのは「運転が荒い」こと。

スピードかなり出すので、法定速度を守ってる人は大体3割くらい?な感じです。

州によっても、かなりドライバーの色も違うようですが、

ここニューメキシコは田舎ということもあるのか、道も広く、

少し街中を抜けると砂漠に道!という感じなので、

みんなバンバン飛ばして運転しています。

そして、ウィンカー出さない人も多すぎ、車間距離も近すぎ。

更には、そこに入りますか?!

というくらい車と車の間を、無理やり車線変更を繰り返す人や

メールや電話しながら運転してる人も良く見かけます。

 

そんなわけで、しょっちゅうあちらこちらで交通事故が起きていて、

ぶつけた痕がある車もかなりの頻度で見かけます。

先日行った、スーパーの駐車場では、

フロントガラス割れて、サイドミラーも一つ取れて、

バンパーも破損している車を見かけて、事故車で置いてあるのかな?と思ったら

まさかの小さい娘連れの母親が買い物終えてそのまま乗っていくという現場を目撃。

他にも、ナンバープレートないとか、フロントガラスが黒スモーク仕様とか…

(ちなみに、ニューメキシコはナンバープレート、後ろだけ設置なので前はなし!)

 

要するに、車体がボロボロの車の後ろ走ってたら、

その車から何か部品が突然落ちてきて、事故するとか、全然起きてしまうという話。

 

私はとにかく、そういう車を見かけたら、車線変えたり、

車間距離とったりして、近づかないようにしてます。

 

驚くことに、ここニューメキシコは車検もないとのこと。

そんな事って許されるの?!と驚いていたら、

夫曰く、車検があるアメリカの州でも、

エンジンを見るだけで車体のチェックはほとんどないらしいです。

 

Oh America。

さすがです。

 

自分の身は自分で守らなければ…。

日本の車や道路って本当に整備されていて、素晴らしいと感じる今日この頃です。

 

↓これくらいの車は余裕で走ってます。