40歳からの私のチャレンジーアメリカニューメキシコ生活

アメリカ人の夫と国際結婚。1児の母です。

アメリカ独立記念日に思う日本の祭り

7月4日はアメリカ独立記念日でした。

いまだ、コロナから完全回復していない夫ですが、

アメリカCBD基準での隔離期間は終わったので、常にマスクをしながら

通常生活に戻っています。

 

そこで、7月4日は午前中、独立記念日のパレードを見に行きました。

リオランチョの隣のコラーレスという村のパレードです。

小さな村でファームやワイナリーなどが多い地域で、

パレードもトラクターやら馬やらヤギやら、ローカル感のある

アットホームな素敵なパレードでした。

f:id:Bloger_SE_KU:20220706051532j:image
f:id:Bloger_SE_KU:20220706051526j:image

しかし、こんな時にも政治的対立を目にしてしまって、

残念な気持ちにもなりました。

ニューメキシコの知事(この女性)がパレードに参加していたのですが、

民主党の方で、

彼女をサポートする民主党支持の人たちも一緒にパレードをしていました。

その知事に対して

「このアバズレ!中絶は違法だ!」

とFワードやCワードを連呼して叫ぶ初老のおじいさん。

一緒に歩くパレード参加者に対して

「Booo!」とブーイングするそのおじいさんの家族。

 

個人の意見や主張は結構だけど、

小さな子どもも参加して、みんなハッピーにパレード見てるのに、

汚い言葉を使って人をののしるの、やめようよと思いました。

シカゴではパレードでまた銃撃があって6名もの人が命を落として…。

本当に残念でなりません。

 

夜は、家から花火を見ました。

市のイベント会場で打ち上げられる花火は20分くらい続き、

その前後では個人宅であちこち、花火が上がっていました。

(日本の自宅用花火のレベルではなく、打ち上げ花火のレベル)

我が家からはアルバカーキ市街が一望できるので、

遠目ではあるものの、花火を見て、それなりに楽しめました。

 

とはいえ、なんだか日本の夏祭りが恋しくなってしまったのが正直なところ。

屋台や盆踊り、2時間つづく花火…。

私の地元の夏祭りは、子ども流鏑馬

笛や太鼓の音楽と舞台を引っ張ってパレードをしたりする

日本の伝統を感じるとっても素敵なお祭り

子どもの時は、とにかくこのお祭りが楽しみで楽しみで、何週間も前から

ワクワクしていたことを思い出します。

政治的争いもなく、浴衣着てみんなハッピーなお祭り。

 

次、日本に帰国する時は、

夏祭りの時期に帰りたいな~。