40歳からの私のチャレンジーアメリカニューメキシコ生活

アメリカ人の夫と一人娘との3人家族。東京暮らし→2022年にアメリカニューメキシコへ。そんな私の日記です。

最悪事態警報、発令中

娘の体調もすっかり治り、

3連休もそれなりに楽しく過ごし、

夫の仕事がさらに忙しくなる前に、

アメリカに来て初めて

次の週末にコロラドの自然公園まで2泊で旅行に行こう!!

と宿も予約し、

いい方向に向かい始めていた月曜日夜。

 

前回のブログで記載した通り、

スクールからクラスター発生のため、1週間スクール閉鎖のお知らせ。

火曜日は久しぶりに娘と丸一日過ごす平日でした。

自宅育児だと、テレビとお菓子とおもちゃに頼りがちに(ダメ母)。
おもちゃどっちかうか迷ってる娘。TJMaxxで10ドル以下だからいいかと思ってしまう。

たまにはいいけど、やっぱり大変だわ…と

ぐったりしてベットに入ったものの、なかなか寝付けませんでした。

しばらくするとなんだか寒い?

クーラー利きすぎかしら?と温度設定上げたものの、まだまだ寒い。

いやぁ、まさかね、まさかね、と熱を測ったところ、

37.8度!!!

 

自分の枕と必要最低限のものをもって、マスクして、即座に別部屋に移動。

この時点でのコロナ自宅検査は陰性。

ただの少しの熱であることを願いつつ、

別部屋に移動した後も、寒気と吐き気に見舞われて全く眠れませんでした。

朝になり、熱は39度近くまで上がり、再度、コロナ自宅検査をすると陽性。

 

ショック、ショック、ショック!!!

 

夫は、この日、新規採用した人が出社する予定だったものの、

会社に行けなくなり、たまたま出張で別の州から来ていた同僚に

その役目をお願いし、自宅勤務することに。

こんな時に限って、前日から、

いきなりインターネットの会社が予告なしで回線工事。(アメリカあるある)

自宅のWifiが使えないという最悪の中の最悪の事態に見舞われ…

仕事するにも、自宅育児するにもネットがないと本当に困ってしまいます。

ちなみに、いまだに回線は回復せず、仕方ないので電話のストリーミング通信を

使って、なんとかしのいでいる次第です。

 

火曜日の夜中に発熱してから、

39.7度まで上がって、解熱剤飲んで、37度後半まで下がって、しばらくすると

また、寒気に襲われて39度台に戻るという上がったり、下がったりを

水曜日中繰り返していました。

吐き気もひどく、横になると吐きそうになるので座った状態でうとうと…。

あぁ、やっちまった…

今朝になり、

ようやく熱は下がり、胃の調子はいまいちなものの、吐き気も収まりました。

今は、喉が痛い。

全く何も呑み込めない、というほどではないですが、何かを飲み込む度に

痛みがあるといった状態。

 

あぁ。楽しみにしていた旅行。

結局、一泊分普通に払ってキャンセルしました。

400ドル近く払いました。(アメリカは今、なんでも高い!)

 

お手伝い程度ではあるものの、オンラインでしている日本の仕事、

そして、日曜日に遊んだお友達。

迷惑と心配をかけてしまうし、本当に最悪です。

 

おそらく、娘、やっぱりコロナだったんだろうな…。

防ぎようがないんだけど、とにかく、色々タイミング最悪でした。

 

今も、部屋に籠っていて、部屋から出られるのは来週の月曜日。

それまで、夫が発狂せずに、仕事しながら娘の面倒を見れることを

今はただ願うばかりです。