40歳からの私のチャレンジーアメリカニューメキシコ生活

アメリカ人の夫と国際結婚。1児の母です。

ニューメキシコの気候について

一昨日、昨日とこちらに来て初めて雨が降りました。

ここの所ずっと、気温も高く、乾燥していたので

山火事がいたるところで起きていて、注意報が出ていたので、恵の雨です。

 

これからしばらく、雨季に入るようで来週は半分くらい雨予報です。

とはいえ、日本の雨と違って、一日中雨がじっとりと降り続く感じではなく、

夜から朝にかけてバーッと降って、日中はからっと晴れるそんな感じです。

 

ニューメキシコ州は砂漠地帯が多く、

とにかく「晴れ、晴れ、晴れ」年間約340日は陽が出ると言われています。

そのため、本当に乾燥していて

とにかく、毎日、体中の保湿と加湿器が欠かせません。

 

また、標高も高く、

リオランチョのあたりの標高は1, 610m (5,282 ft)。

私の地元の長野、北アルプスの麓でさえ標高726mなので、かなりの高地です。

アスリート達が高地トレーニングに来るくらいで、

こちらに来て1週間くらいは、すこし息苦しさを感じました。

今でも、少し走ったりするとすぐ、息苦しくなります。

 

標高が高いと紫外線も強く、

乾燥のための保湿に加えて、日焼け止めも欠かせません。(それでも焼ける)

 

私が住み始めた5月ぐらいから、日本人にとっては”夏”の気候になりつつあって、

午前中の時点で25度以上。

午後になると30度以上。

6月になった途端に、日中40度近くなんて日も出てきました。

 

地元の人曰く、夏(7月8月)はもっと暑い。

とのことで、今からぞっとしています。

それでも、東京の夏に比べると湿度はないし、

屋内にいる分には快適に過ごせると思います。

 

夏の後、秋は本当に心地の良い季節、

そして冬は結構寒くなり、雪も降るそうなので、

1年中暑い!とかより、四季もあって季節を楽しめるのではないかと

ワクワクしています。

 

まずは、暑い夏を乗り越えよう。

 

ほぼ3か月ぶりの雨。

向かってくる雨雲も美しい↓

f:id:Bloger_SE_KU:20220620063402j:image