40歳からの私のチャレンジーアメリカニューメキシコ生活

アメリカ人の夫と一人娘との3人家族。東京暮らし→2022年にアメリカニューメキシコへ。そんな私の日記です。

アメリカでのコンタクトレンズ購入・その2

日本から持ってきたコンタクトレンズのストックがなくなりそうなので、

アメリカでコンタクトレンズを購入することになりました。

 

で、どうやって?と思い、

前回、眼科を予約したところまで書きましたが、

blog-lifeofsen.hatenablog.com

その後です。

 

視力検査の当日、

眼科兼眼鏡ショップ兼、エステサロンのこのお店に行きました。

呼ばれて、個室で検査スタッフ(若いお兄さん)が

丁寧に、ヒアリング&視力検査をしてくれました。

日本だと、「C」みたいなやつでどっちに穴空いてますか?形式だと思うのですが、

アメリカではアルファベットを読む形式でした。

デジタルだったけど、こんな感じ

眼圧や目の裏の撮影などもしたあと、

しばらくして、眼科医の女性が登場。

まさかの、「PET ME」という洋服を着たワンちゃんと一緒です。

かわいいし、すぐに女性の足元で

いびきかいて寝始めたので、私的には全く問題ないですが、

犬アレルギーの人とか事前に確認もなくて、大丈夫なんだろうか…。

さすがアメリカ。と思いました。

 

眼科医も、光への反応とか目を改めてチェック。

そのあと、サービスカウンター的なところで、

若いお姉さんに、

「視力検査の結果こうこうで、あなたは近視の他に乱視もちょっと入ってる。

コンタクトレンズ1年分は保険適用後にこれくらいの値段。

コンタクトのテスト5日分渡すから、来週また来てね。

眼鏡は作り直す?」

みたいなことを一気に超早口で言われ、

とりあえず、YESって答えときました。

 

これまた別の眼鏡担当のお姉さんにパスされて、

危うく、新しく眼鏡を作らされそうになったので、

「どのくらい視力が変わったの?今の眼鏡で基本問題ないんだけど」

と伝えたところ

「乱視も入ってるし、結構、視力変わってるよ」

と言われたので、手持ちの眼鏡のレンズだけ変えてもらうことにしました。

レンズは30分くらいでできました。

 

気になるお値段。

777ドル!高い!!!

聞き間違いかと思ったわ。

 

コンタクトレンズは年200ドルの保険が適用後で455ドル。

目の検査は全額保険でカバーされたものの、

コンタクトレンズFitting&Evaluationという謎の131ドル。

(これって、目の検査とはまた別なんですかね???
Fittingしてないし。夫はぼったくりだと言ってました)

そして、眼鏡のレンズ代&TAX。

 

今後は、コンタクトレンズも眼鏡も日本に帰国した時に買おうと

心に決めました。

 

ちなみに、眼鏡のレンズもコンタクトレンズも今のところ、

強すぎて目に合ってない。

来週、再度行ったときに、両方とも弱くしてもらおうと思います。